PANDA STUDIO新潟の動画制作スタジオ。TriCaster455導入!

ニュース&トピックス

長岡まつりインターネット中継を担当します


パンダスタジオ(東京 http://pandastudio.tv・大阪  http://osaka.pandastudio.tv・新潟 http://niigata.pandastudio.tv)では、新潟県長岡市で行われる日本一の花火大会「長岡まつり 大花火大会」の公式映像配信( http://nagaoka-ust.com/ )の中継技術を担当することになりました。

また、パンダスタジオ東京では500インチのスクリーンでのパブリックビューイングも実施します。8月2日・8月3日の両日、東京にいながら、大花火大会を満喫することができます。

8月1日から3日間開催(8月1日は前夜祭)される「長岡まつり」(http://nagaokamatsuri.com/)は、来場者数、打ち上げ規模も含めて日本最大の花火大会です。この長岡まつりのメインイベントは、2日、3日に行われる大花火大会。延べ80万人が訪れる花火大会では、重さ300kgにもなる3尺玉を1日2発を打ち上げるほか、2日間合計で2万発の花火が夜空を彩ります。クライマックスは、20:20頃に打ち上げられる復興祈願花火「フェニックス」。新潟中越地震の復興を祈願した「フェニックス」は、幅約2kmにもなる6カ所の打ち上げ場所から、平原綾香のデビュー曲「Jupiter」に合わせて尺玉を打ち上げます。

今年の長岡まつり 大花火大会には、SONYの映画撮影用の高画質カメラPMW-F55/PMW-F5を持ち込み、ハイクオリティーな4K解像度収録をベースにしたハイビジョン映像を伝送し、花火大会のリアリティーを追求した撮影を行う予定です。

Untitled

長岡まつり 大花火大会について

長岡まつり 大花火大会は、長岡市内を流れる信濃川河川敷で行われる花火大会で、その起源は明治12年(1879年)まで遡る、歴史ある大会です。2日間で、延べ80万人以上が訪れ、まさに日本一の花火大会です。戦時中は花火大会が中止されましたが、昭和20年(1945年)8月1日の長岡空襲の犠牲者の慰霊とともに、市民の活力を取り戻す戦災復興祭として、昭和22年(1947年)に再開し、現在に至っています。重さ300kgの正三尺玉を1日2発(20:30頃と21:00頃)打ち上げるほか、6カ所の打ち上げ地点(幅1.7km)から同時に尺玉を打ち上げる新潟中越地震の復興を祈願した「フェニックス」など、合計20,000発の花火が夜空を彩ります。

長岡まつりインターネット中継公式サイト

http://nagaoka-ust.com/

Ustream中継サイト http://www.ustream.tv/channel/nagaokahanabi

上記ではFM三尺玉による解説付き音声での花火が楽しめます。

ご当地風景ドットコムによる高画質中継

Ustream中継サイト(高画質) http://www.ustream.tv/channel/51012k

こちらの配信では高画質・高音質による中継を行います。

パブリックビューイング開催日程

開催日時:8月2日(金)、8月3日(土)いずれも19:00〜21:00過ぎ(打ち上げ終了まで) 場所:〒101-0021 東京都千代田区外神田6-7-3 セイコービル3F 地図:http://pandastudio.tv/?page_id=11電話:03-5812-0666 パブリックビューイング参加費用: 大人:3,000円、小学生〜高校生:1,000円、小学生未満:無料。

  • 当日は中華料理バイキングと、ビール、ソフトドリンクの飲み放題がセットになっています。
  • 浴衣・甚平を着て参加された大人の方は、参加費が2,000円になる割引を行います。
  • 浴衣に着替えられるように、パブリックビューイングの会場に着替えの場所をご用意します。
お申し込み・詳細は http://pandastudio.tv/?p=9369

 

配信スタッフの想い

■絶対にやり遂げたい戦いがここにある■

67年前の今日、大空襲に見舞われた越後長岡。 8年前大震災に襲われた中越。 昨年は東日本大震災、翌日早朝には長野北部から新潟南部地震。 そして7月29日…花火大会直前の大水害。 一言で括れないそれらの想い。 長岡まつり大花火大会で打ち上げられる一発一発の花火、 その星の一つ一つが、そんな想いを昇華させているように見える。 だからきっと、花火を見て泣いちゃうんだな。 そして 長岡に来られない全国・全世界の方にも そんな想いを共にしていただきたく始めた中継。 こんな想いに共感していただいた仲間がいる。 だからこそ成功させたい。 だからこそやり遂げたい。 そう思っています。ここを読んでいただいている皆様の心に、 中継を見ていただいた方の心に、 長岡花火の星がいつまでも輝いてくれるよう頑張ります。 我ら中継藩、長岡魂を是非ご堪能下さりませ。 (藩主拝)Fecebookより

 

今回の中継のシステムについて

花火は実際に見に行くことに勝るものはありません。しかし全ての人が実際に新潟県長岡市に見に行くことができる訳でもありません。そこで下記のような、今現在、考えられる限り、ベストと思われる方法でパブリックビューイング会場まで配信をしています。

  • 高感度でノイズが少ない大型センサー搭載のカメラを選択。SONYのシネマカメラ(映画用のカメラ)のPMW-F55/PMW-F3をメインカメラとして利用します。
  • 1台は、フェニックスと言われる2kmに及ぶ大花火用。もう1台を固定のカメラとしました。
  • カメラは、カメラマンの操作は極力抑え、可能な限り固定とする。
  • 迫力ある花火のサウンドは、国土交通省の屋上で収録。報道各社で小さなスペースの割り振りがあるので、その中でベストな音が取れるよう工夫します。
  • 配信スイッチャーとしてTriCaster455を使用します。

「新潟から世界へ!古町6の動画スタジオ」
パンダスタジオ新潟
Web : http://niigata.pandastudio.tv
E-mail : pandastudio.niigata@gmail.com
担当:コバヤシ ノブヨシ

Print This Post Print This Post
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes