PANDA STUDIO新潟の動画制作スタジオ。TriCaster455導入!

ニュース&トピックス

Ustream配信時に必要なファイアウォールのポート開放


Ustream配信を行うときに重要な「上りネット回線」。
回線速度も重要ですが、Ustreamサーバーへの映像データを送るためには特定の「プロトコル」と「ポート」を使用しています。

企業や学校などの管理されたネットワーク環境においてはこれらの「プロトコル」と「ポート」が一部しか使えないようにセキュリティの関係で閉じられている場合があります。
それらFirewall, UTM,などのセキュリティ配下にて配信を行う場合にはプロトコル」と「ポート」が通過するかの事前確認が必要です。

Ustream Asiaブログ「Ustream用のファイアウォールのポート開放」

http://blog.ustream-asia.jp/2013/04/ustream_9282.html

現在弊社サービスへの配信を行う上でセキュリティの導入されている回線をご利用の際につきましては、以下のIPアドレスのリストをご利用の上、ご検討ください。(2013/8/21現在)
8.22.49.0/24
50.202.236.0/24
64.214.133.0/24
74.217.100.0/24
103.13.20.0/22
165.254.3.0/24
185.23.108.0/22
199.66.236.0/22
208.184.64.0/24

上記はアクセス先が制限されている環境の場合にはUstreamで使うアドレスにアクセスできるようにする必要があるということです。

プロトコル RTMP, RTMPT, HTTP, HTTPS
ポート番号 80(TCP), 443(TCP), 1935(TCP)
チャットをご利用の場合は別途 ポート6667(tcp)を開放します。

上記は通信に必要なプロトコルとポートです。ネットワーク管理がされている場合に、事前にこれらのプロトコルとポートが通過できるかチェックまたはネットワーク管理者に相談する必要があります。

「新潟から世界へ!古町6の動画スタジオ」
パンダスタジオ新潟
Web : http://niigata.pandastudio.tv
E-mail : pandastudio.niigata@gmail.com
担当:コバヤシ ノブヨシ

Print This Post Print This Post
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes